1. ホーム
  2. 書評
  3. コスメ関連の書籍
  4. ≫素肌美人になるためのスキンケア美容医学事典【著:吉木伸子】を読んだ感想・口コミ

素肌美人になるためのスキンケア美容医学事典【著:吉木伸子】を読んだ感想・口コミ

スキンケア美容医学事典

肌トラブルと言っても、乾燥・くすみ・しわ・肌荒れなど、種類はいろいろです。美容に関するものから、皮膚の病気まで幅広くあります。

私はどちらかと言えば乾燥肌で、化粧のノリや崩れなど美容の面はもちろんのこと、腕や足などがかぶれやすく、皮膚病のトラブルも抱えています。できればどちらも改善したいと日頃から思っていました。

そこで今回は、そんな両方の悩みに答えた『素肌美人になるためのスキンケア美容医学事典』をご紹介します。

『素肌美人になるためのスキンケア美容医学事典』の基本情報

本

  • タイトル:素肌美人になるためのスキンケア美容医学事典
  • 著者:吉木 伸子
  • 出版社:池田書房
  • 発売日:2011年9月15日
  • 発行年月日:2015年3月20日
  • 評価:星5個(5点満点中)

本書をおすすめしたい人

  • 肌とスキンケアの基本を知りたい人
  • 内面美容を心がけている人
  • 肌の悩みを解決したいと思っている人
  • 皮膚病についても知りたいと思っている人
  • 美容本を何冊も持ちたくないと思っている人

スキンケアの基本から、肌の病気まで1冊で網羅できる本

皮膚の調理法

吉木伸子さんのスキンケアに関する本はたくさんあります。その中でも、『素肌美人になるためのスキンケア美容医学事典』は、幅広く肌のことがわかる1冊です。ページ数はなんと約400ページ!

顔の肌トラブルだけでなく、体全体の肌について分かりやすく解説しています。

大きくわけて7つの項目で解説

この本は大きく分けて7つの項目で解説しています。

第1章:皮膚とスキンケアの基礎知識
第2章:正しい内面美容
第3章:毎日の正しいスキンケア
第4章:肌を守る紫外線対策とメイク法
第5章:悩みを解消するスキンケアテクニック
第6章:皮膚の病気と、その予防法・治療法
第7章:皮膚、化粧品、美容医療、薬、東洋医学、ダイエットの解説

多くのスキンケアの本であれば、1章から5章までの項目が書かれているはずです。しかし、この本ではさらに様々な皮膚トラブル(皮膚病)についても解説しています。

私のように顔の肌だけではなく、腕や足などに皮膚トラブルを持っているという人には、この6章の「皮膚の病気と、その予防法・治療法」はとても役に立つはずです。

広く深い内容

美容本のほとんどが、メイクやスキンケアのことのみが掲載されています。中には幅広い内容のものもありますが、広く浅い内容のものが多いのではないでしょうか。

しかし、この本は項目が幅広く、しっかりと掘り下げた内容になっています。スキンケア基本の本、テクニックの本、皮膚の病気の本など何冊も購入することなく、この本1冊で十分欲しい情報を得られるはずです。

こんなところにQ&Aが

スキンケア

そして、よく見ると本の下に小さく「Q&A」が書かれていることに気が付くはず。「バスオイルやバス反るとは、肌にとって良いもの?」「化粧水のコットンパックは効果があるのか?」など、素朴な疑問に対して著者の吉木伸子先生が答えてくれています。

また、ページ後半には、吉木先生が美肌生活についての質問に答えていたりと、興味深く読むことができるはずです。美容のアドバイスや普段疑問に思っていることが分かり、本書を読んで疲れた時にちょっと目を通してみるのもよいかもしれません。

本書を読んだ感想

読書をする女性

まず『素肌美人になるためのスキンケア美容医学事典』を手に取った時に、「なんて分厚い本なのだろうか」と思ったのが正直な感想です。今まで読んでいたスキンケアの本は、200ページ前後。

そう思うと、400ページある本書は2倍の分厚さです。しかし、『美容医学事典』ということだけあり、項目が幅広く、さらに一つずつの項目も掘り下げて書かれていることで納得しました。

1章ごとのボリュームもかなり多く、読み応えがあります。中でも2章の「正しい内面美容」は、日頃の生活習慣を見直す良いきっかけになりました。

睡眠についても、「なぜ睡眠が大切か※」ということはもちろんのこと、「いつ寝るのが良いのか」「何時間寝ればよいのか」「質の良い睡眠をとるにはどうすればよいのか」などがしっかりと記載されているのです。

※ 次の記事でも紹介したように、年齢肌が気になる方は特に睡眠が大切です。
【参考】肌は年齢とともに乾燥する!老け年齢肌を改善する方法

さらに、我が家は私だけでなく、子どもや旦那も皮膚トラブルを抱えています。塗り薬を塗ってよいのか、それとも病院に行く方が良いのかと、いつも悩むものです。この本は予防方法と治療方法が載っているので、ちょっと知りたいというときに役立つなと感じました。

本書は約400ページもあるため、全てを熟読すると時間がかかります。もちろん、自分の肌にすべてが当てはまるわけではないため、必要な項目に付箋をして読み返しています。

また、本の下に書かれているQ&Aはちょっとした息抜きにも読めるのもおすすめです。何冊も本を買わなくても、広く深い美容本を探しているという人に向いている本と言えるのではないでしょうか。

まとめ

書店に行くと、美容やスキンケアに関する本がたくさん並んでいます。その中からどの本を購入しようか迷うものです。

しっかりとした内容で、さらに読みやすく、幅広い項目が掲載されている本を探しているという人は、ぜひ『素肌美人になるためのスキンケア美容医学事典』を一度読んでみてください。

美容と医学を兼ねそろええた、おすすめの1冊です。

記事が参考になりましたら、ぜひシェアをお願いします。