1. ホーム
  2. レビュー
  3. オールインワンゲル
  4. ≫メディプラスゲルを実際に使ってみた評価【継続使用11か月目】

メディプラスゲルを実際に使ってみた評価【継続使用11か月目】

メディプラスゲルを使い始めて11か月が経ちました。今では顔が突っ張ることもなく、良い状態をキープできています。

今回は、メディプラスゲルを11か月使った感想と肌の状態を紹介します。

11か月目の肌の状態

昨年の6月から使用し始めたメディプラスゲルも11カ月目に突入しました。春夏秋冬と全ての季節で使うことができ、乾燥が気になる冬でもしっかりと水分量をキープしてくれます。

そろそろ春も終わり初夏に突入。日によっては日差しがきつく、本格的な日焼け対策が必要な季節になりました。そして、私の現在の肌の状態は…。

11ヶ月後の肌

水分46%、油分30%とかなり良い状態をキープ中です。

気温が高くなると汗もかくため、水分はともかく油分が増えてきます。普段は乾燥肌ぎみですが、やはり夏は顔がべた付くのが気になるところ。しかし、メディプラスゲルを使ってからはそれもあまり気にならなくなりました。

2プッシュ手に取って少しずつ顔に馴染ませます。ゲルなので伸びも良く、使った後にベタベタと肌に付くこともありません。冬は少し冷たく感じるものの、これからのシーズンは反対にその冷たさが心地よく感じるはずです。

ここ数カ月は水分も30%後半~40%前半をキープ、油分も20%台をキープしています。おかげで、以前よりも化粧崩れがしにくくなったような気がします。

紫外線対策をしてみました

5月になり、紫外線も本格的に強くなってきました。そこで、そろそろ紫外線対策として、日焼け止めを使うことにしたのです。顔は化粧下地にUV効果が入っているものを使っていますが、露出する手や首は市販の子どもでも使える弱い日焼け止めを使用しています。

と言うのも、あまり強いものを使うと肌が乾燥してしまうからです。以前は市販の化粧水と乳液をデコルテにも使っていたのですが、その後に日焼け止めを塗ると首のあたりが痒くなってしまいました。

そのため、日焼け止めを使うときはデコルテの部分には化粧水や乳液は付けないようにしていたのです。

昨年の夏、同じようにデコルテ部分にも『メディプラスゲル』を使っていましたが、汗と合わさると首元が痒くなりしばらく使用を控えていました。

今回もその点は気になったのですが、紫外線も気になるため『メディプラスゲル』をデコルテに塗ってから、外出前に日焼け止めを塗ることに。すでに何度か試していますが、今のところ痒みや乾燥がひどくなることはありません。

『メディプラスゲル』がリニューアルされ、成分も少し変わったのでそれが私には良かったのかもしれません。まだ紫外線対策は始まったばかりです。これからどんどんと気温も暑くなるので、紫外線対策と化粧品の相性を見ていけたらと思っています。

1本で約2か月のペースで使える

『メディプラスゲル』は1本で約2か月です。私も1回に約2プッシュで顔とデコルテに使うことができています。それで2か月たっぷりと使うことができています。1本で3996円なので、1か月約2,000円。

化粧水、乳液、美容液を揃えるとやはりこれ以上の値段がかかるはずです。この値段で2か月以上使えるので、とてもコスパは良いと思います。

まとめ

メディプラスゲルを使って11か月。また初夏を迎えました。今まで季節に合わせて、冬は保湿を重視した化粧品を、夏はベタつくのでさっぱりタイプの化粧品を選んでいました。

以前の『メディプラスゲル』は、デコルテに使うと汗と混ざって痒みが出ることもありましたが、リニューアルされたものは今のところその心配はありません。次回は1年使ってみて良かった点、悪かった点を踏まえてお伝えする予定です。

メディプラスゲルをお得に購入する方法

メディプラスゲル

メディプラスゲルは次の公式サイトからでしたら、1本2,996円(1ヶ月あたり1,498円)の特別価格で注文することができます。少しでもお得に手にされたい方は、そちらのページをチェックしてみてください。
メディプラスゲルの公式サイトへ ※ 私もこちら(↑)の公式サイトから定期コースで注文をしています。

記事が参考になりましたら、ぜひシェアをお願いします。