1. ホーム
  2. メイク
  3. 基礎知識
  4. ≫リキッドファンデーションとパウダーファンデーションの違い@どちらを選ぶのが良い?

リキッドファンデーションとパウダーファンデーションの違い@どちらを選ぶのが良い?

化粧をする女性

ファンデーションにも色々なタイプのものがあります。パウダー、リキッド、クリーム、エマルジョンなど。それぞれに特徴やメリット、デメリットがあり、自分の肌にはどのタイプのファンデーションが合うのか迷いますよね。

中には季節ごとにファンデーションのタイプを変えているという人もいるのではないでしょうか?

実は私も以前はそうでした。冬は乾燥するからリキッドタイプ、夏は紫外線が気になるからパウダータイプと使い分けていました。

今はパウダーファンデーションを使っていますが、新しく買い替えるときは「パウダーにしようか、それともリキッドの方が良いのか」と悩んでしまうものです。

そこで今回は私と同じように悩んでいる人のために、リキッドファンデーションとパウダーファンデーションの特徴とメリット・デメリットを解説します。

パウダーとリキッドファンデーションの違い

ファンデーション

ファンデーションもタイプによって肌に付けた感覚も発色も異なります。まずはパウダーとリキッドファンデーション、それぞれの違いについて見てみましょう。

パウダーファンデーション

パウダーファンデーションは、パウダーを押し固めた固形のファンデーションです。油分が少なく肌に付けた時にムラになりにくく、サラッとした肌触りになります。

汗や皮脂で崩れにくく、テカリが気になる人やメイク初心者におすすめです。部分的な化粧直しもサッとでき、手軽さからパウダーファンデーションを選ぶ人も多くいます。

リキッドファンデーション

リキッドファンデーションは、肌へのフィット感と伸びがよいのが特徴です。パウダーファンデーションよりも水分や油分が多く、シミやシワなどをカバーしたい人におすすめ。

しかし、リキッドファンデーションは油性成分が主となるので、パウダーファンデーションと比べると肌への負担は大きくなります。そのため、肌が弱い人は注意してください。

パウダーとリキッドファンデーションのメリット・デメリット

鏡を見る女性

パウダーもリキッドにもそれぞれに良い点と悪い点があります。自分の肌に合うかどうかも含めて、使用方法などメリット・デメリットを比べてみてください。

パウダーファンデーション

■メリット

  • 軽く、さっぱりとした使い心地
  • ナチュラルな仕上がりになる
  • 初心者でも使いやすい
  • 肌への負担が少ない
  • 紫外線対策にも効果的

■デメリット

  • 化粧崩れがしやすい
  • リキッドファンデーションと比べるとカバー力は低い
  • 汗や水に弱い
  • 乾燥しやすい
パウダーファンデーションはメイク初心者でも使いやすく、部分的な化粧直しも手軽におこなうことができます。また、肌の負担がリキッドファンデーションよりは少いため、肌トラブルが気になるという人はパウダーファンデーションを使ってみてはいかがでしょうか。

リキッドファンデーション

■メリット

  • パウダーよりも透明感がある自然な肌になる
  • 乾燥肌でも粉吹きするのを抑えられる
  • パウダーと比較するとリキッドの方が高いカバー力が高い
  • シミやニキビ跡などを隠すことができる

■デメリット

  • 崩れるとパウダーと違いメイク直しが難しい
  • 肌の隙間に入り込むのでメイク落としが大変
  • フェイスパウダーを使うと単価は高め
リキッドファンデーションはカバー力が高いため、パウダーファンデーションよりも化粧崩れはしにくいのが特徴です。シミなどもコンシーラーを使わなくても隠すことができるのも大きな魅力。

しかし、その分肌への負担は大きくなります。また、フェイスパウダーを使うことできれいな仕上がりになりますが、パウダーよりもコストが高くなることもお忘れなく。

肌タイプ別ファンデーションの選び方

女性

リキッドファンデーション、パウダーファンデーションそれぞれにメリット・デメリットがありますが、「じゃあ、私はどっちを使ったらよいのだろうか?」と悩む人もいるはずです。そこで、肌タイプ別おすすめのファンデーションをご紹介します。

乾燥肌

肌の乾燥が気になる人におすすめのファンデーションは

  • リキッドファンデーション
  • クリームファンデーション
パウダータイプは肌が乾燥してしまいシワなどが目立ってしまいます。リキッドもしくはクリームタイプでツヤを出してみてください。また、保湿成分が配合されているファンデーションを選ぶのも効果的です。
【関連】タイプ別乾燥肌対策をしてみよう@乾燥肌は一種類だけではない?

オイリー肌

オイリー肌の人におすすめのファンデーションは以下の通りです。

  • パウダーファンデーション
  • ルースファンデーション
オイリー肌の人は油分が多いファンデーションを選ぶと崩れてしまい、肌トラブルの原因にもなります。パウダーやルースファンデーションは、パウダーが皮脂を級数してくれるのでオイリー肌の人におすすめです。

混合肌

混合肌の人におすすめのファンデーションは以下の通りです。

  • パウダーファンデーション
  • リキッドファンデーション
混合肌は顔の部分によってはオイリー肌だったり乾燥肌だったりします。そこで、パウダーファンデーションとリキッドファンデーションのW使いでカバーしてみてください。脂が多いおでこや鼻はパウダーファンデーションを、頬はリキッドファンデーションを使います。

敏感肌

敏感は肌の人におすすめのファンデーションは以下の通りです。

  • パウダーファンデーション
  • ミネラルファンデーション
敏感肌の人はファンデーションの成分によっても肌荒れをおこすことがあります。そのため、できるだけ低刺激のものを選ぶようにしましょう。カバー力があるものはメイクを落とすときに刺激になるため、メイクが簡単に落とせるものを選んでみてください。
【関連】乾燥肌を予防する食事を紹介@乾燥・敏感肌の人は必見!

まとめ

今回ご紹介したパウダーファンデーション、リキッドファンデーション以外にも、クリームファンデーション、BBクリーク、ルースファンデーションなど種類はたくさんあります。

ドラッグストアなどに行くと「どのタイプのファンデーションが良いのだろうか…。」と悩むものです。まずは、自分の肌タイプに合うかどうかを考えてみてください。

もし、ファンデーション選びに悩んだら、売り場のプロに相談してみてください。肌の状態を診断して、肌にあるファンデーションを進めてくれるはずです。

記事が参考になりましたら、ぜひシェアをお願いします。