1. ホーム
  2. 乾燥肌
  3. 予防・改善方法
  4. ≫夏の肌トラブル対策とスキンケア@紫外線だけではない

夏の肌トラブル対策とスキンケア@紫外線だけではない

初夏到来!少しずつ気温が上がり、あと1カ月もすれば夏本番を迎えます。まだまだ夏は先と思っていたら、外出時の紫外線の強さに驚くのではないでしょうか。

今から慌てて紫外線対策をしたという人も少なくはないはず。しかし、夏の肌トラブルは紫外線だけではありません。気が付かないうちに肌にダメージを与え、トラブルを引き起こすこともあるのです。

私もいつも「早めに対策」を心がけていますが、気温が低い、曇っている日などが続くとついつい夏の肌対策を忘れて外出してしまうこともしばしば。そこで今回は、夏の肌トラブルとスキンケアについてご紹介します。

夏の肌トラブルの原因

夏の肌トラブルはいくつかの原因があります。まずは、夏の肌トラブルの原因を見てみましょう。

汗によるトラブル

気温が高くなると汗もたくさんかきますよね。汗は私たちの体温を調整してくれる大切な役割があるものの、メイク崩れも気になり、できればあまりかきたくないと思うものです。

さらに汗が皮脂や毛穴に詰まることで、ニキビや吹き出物の原因にもなります。また、汗を取る時にゴシゴシと擦ると肌にダメージを与えてしまうこともあるのです。
【参考】大人ニキビの原因と対処法@思春期にできるニキビとは違う?

紫外線や日差しによるトラブル

夏の肌トラブルの原因で一番気になるのが紫外線ではないでしょうか。紫外線を浴びるとシミや日焼け、たるみの原因に繋がります。日焼けは火傷と同じなため、肌へのダメージは相当なものです。

また紫外線は、肌の内部にあるコラーゲンを破壊すると言われているため、肌のハリが失われて、たるみの原因にもなるので注意してください。
【参考】紫外線は乾燥肌の原因に!紫外線対策の方法をわかりやすく解説

日焼け止めによるトラブル

紫外線を意識して、効果が高い日焼け止めを使う人も多いのではないでしょうか。しかし、SPF値が高いものは紫外線カットの効果はあるものの、肌への負担も大きくなります。

そのため、いつもの洗顔では日焼け止めの成分が落ちていないということも…。日焼け止め成分が毛穴に入る、汚れが残るなどが肌トラブルの原因になるのです。

夏ならではの生活習慣

夏は冷たいものや麺類を食べる機会も多くなりませんか。冷たい食べ物は、体内から体を冷やし代謝が悪くなります。

また夜も暑さで寝苦しいということもあるはず。暑さで眠りが浅くなると寝不足になり、肌トラブルが増えてくるのです。

冷房で乾燥肌

冷房の効いた室内は意外と空気が乾燥しています。空気が乾燥すると肌の水分も蒸発してしまうため、乾燥肌の原因に繋がるのです。

さらに冷房が強い部屋に長時間いると、体が冷えて代謝も悪くなってしまいます。

夏の肌トラブルの対策

夏は紫外線以外にも汗や冷房など、肌トラブルの原因が周りにたくさんあるのです。

そこで夏の肌トラブルを少しでも緩和させるために、今からできる対策を心がけてみてください。

汗は優しく吸い取る

汗をかいたらそのままにせずに優しく吸い取るようにしてください。肌を擦ってしまうと肌トラブルになるため、優しく抑える程度にします。

そして、帰宅したらできるだけ早く洗うようにしましょう。洗顔で汗や皮脂を落した後はしっかりと保湿をすることもお忘れなく。

紫外線対策はしっかりと

紫外線対策をしっかりしている人も多いはず。しかし「日焼け止めの使い方が間違っている」「顔以外の紫外線対策をしていない」という人もいるのではないでしょうか。

日焼け止めはスキンケアが終わってから使い、その上に化粧下地を付けます。また、日焼け止めを塗ったからと言って安心はできません。外出時は帽子や日傘など使って、なるべく直射日光を当たらない工夫も必要です。

保湿も忘れずに

夏は肌がべた付くため、保湿をしないという人も多くいます。しかし、これでは肌が乾燥してしまし肌トラブルの原因に。

夏であっても保湿はきちんとおこなうようにしましょう。特に冷房が効いた部屋は空気が乾燥します。加湿器などを使って乾燥を防ぐのも一つの方法です。

夏のスキンケア

夏は汗もかき、化粧と混ざって汚れも気になるものです。そこで、夏のスキンケアをおこなってみてください。

クレンジングはしっかり目に

夏は汗や皮脂で肌も汚れています。そのため、少ししっかり目のクレンジングを心がけてみてください。

とは言え、ゴシゴシと力を入れて洗っては肌を傷めてしまいます。短い時間でしっかり落としてくれるクレンジングが理想的です。ミルクタイプやクリームタイプのクレンジングは伸びも良く、汚れもしっかり浮かしてくれます。

石鹸は固形石鹸がおすすめ

洗顔にも色々な種類がありますが、おすすめは固形石鹸です。洗顔フォームは洗浄力が強いため、汚れはしっかりと落としてくれる反面、落とさなくても良い必要な皮脂まで落としていしまします。

しかし、固形石鹸は界面活性剤を含む洗顔料に比べると程よい洗浄力で、必要な皮脂は残してくれる優れものです。

乾燥肌にはしっとりタイプの化粧水を

夏はベタつきが気になるので、化粧水はさっぱりタイプを使う人も多いのではないでしょうか。さっぱりタイプの化粧水は清涼感もあり、使った後も気持ちがよいと感じます。

ですが、さっぱりタイプの化粧水はアルコールが含まれているものも多く、肌に付けた瞬間から水分が蒸発してしまいます。そこで、乾燥肌の方は夏でもしっとりタイプがおススメです。

べた付きが気になるなら2種類の化粧水で

べた付きが嫌で乳液を使わない人もいるはず。しかし、化粧水だけではどうしても水分が蒸発してしまいます。化粧水の後は乳液やクリームなどで肌に蓋をしてあげることが大切です。

また、乳液や美容液に抵抗があるというときは、化粧水を2種類使ってみるのも方法です。「さっぱりタイプ」の化粧水の後に「とろみタイプ」の化粧水を使います。できるだけ化粧水は高保湿のものを選んでみてください。
【参考】メディプラスゲルを実際に使ってみた評価【継続使用11か月目】

まとめ

夏は紫外線が気になる季節です。そのため紫外線対策はきちんとしているものの、乾燥対策はしていないという人が多くいます。実は夏でも冬と同じ、乾燥対策が必要になるのです。

皆さんも今から夏に向けて肌ケアをおこなってみてくださいね。夏の肌トラブルを引きずったまま秋冬を迎えてしまうと、今まで以上に乾燥が進む、シミやシワが増えるということにも繋がります。夏こそ忘れやすい保湿を心がけてみてくださいね。

記事が参考になりましたら、ぜひシェアをお願いします。