1. ホーム
  2. 乾燥肌
  3. 予防・改善方法
  4. ≫見た目年齢にも影響するほうれい線の原因

見た目年齢にも影響するほうれい線の原因

ほうれい線女性

顔のシミやシワは、見た目年齢にも大きく影響を与えます。そのため、日頃から気にかけているという人も少なくはありません。顔に深く刻まれたシワは、実年齢よりも5歳以上上に見られるとも言われているため、女性にとっては出来てほしくないものの一つです。

中でも、鼻の両側より口元に向かって伸びるほうれい線はくっきりと目立ち、できれば消したいと思いますよね。

実は、私も以前からほうれい線の目立ちがとても気になっていました。そこで今回は、見た目年齢にも影響するほうれい線の原因をご紹介します。

ほうれい線とは

ほうれい線

ほうれい線とは、小鼻から口角に向かってできる八の字のしわのことです。

医学用語では「鼻唇溝(びしんこう)」と呼ばれ、30代を過ぎたころから気になり始める人も多く、放っておくとそのシワはどんどんと深くなってしまいます。

目元や額などにできるしわは表情を動かすと目立ちますが、ほうれい線は何もしなくてもくっきりと目立つのが特徴です。そのため、顔全体が下に向かって弛んでしまったような印象になり、疲れた顔・老けた顔に見えてしまうのです。

ほうれい線ができる原因は?

鏡でほうれい線チェック

ほうれい線は30代頃から目立ち始める人が多く、年齢を重ねるにつれてくっきりと八の字が分かるようになります。

しかし、中には20代頃から目立ち始める人もいれば、高齢であってもほとんど目立たないという人もいます。まずは、ほうれい線ができる原因を確認してみましょう。

加齢

加齢だけがほうれい線の原因ではありませんが、やはり年齢が上がるにつれて肌のハリも無くなり、頬の脂肪が下に落ちてきます。

肌がたるんでくると、溝が深くくっきりとした線となって表れるようになるのです。

肌の乾燥

肌が乾燥すると小じわが増えて、たるみの原因にもつながります。そのまま放置すると慢性化した乾燥によって頬のたるみが進行し、消えにくく目立つほうれい線へと変化してしまいます。

つまり、日頃から保湿をきちんとおこなって、肌の乾燥を防ぐことがほうれい線の予防・改善には大切なのです。

紫外線の影響

紫外線は肌の奥の真皮にまで届くため、皮膚の弾力に関わるコラーゲンやエラスチンを減少させてしまいます。

それにより、肌が乾燥して老化を早めてしまうのです。肌の老化はくすみ、たるみ、しわなどを招くため、ほうれい線もくっきりと目立つようになるのです。

むくみ

顔のむくみは、むくんだ箇所の重さで肌がたるみ、影のようなほうれい線が目立ちやすくなります。

お酒を飲んだ次の日や、寝不足などの日は特に要注意です。顔のむくみは顔に余分な水分がたまっている状態ですが、マッサージや軽い運動で解消することができます。

喫煙

タバコは「百害あって一利なし」と言われていますが、ほうれい線にも影響があることをご存知ですか。タバコは全身の毛細血管を収縮させ、血行不良を招きやすくなります。

皮膚にも十分な栄養が行き渡らなくなってしまうため、肌の衰えを早めてしまうのです。ほうれい線だけでなくさまざまな肌トラブルの原因となるので、お肌のためにも禁煙を考えてみてください。

ほうれい線の解消法

口元パック

顔の真ん中でくっきりと目立つほうれい線ですが、できることなら「消えてほしい」「薄くなってほしい」と思いますよね。そこで、ほうれい線の解消方法を試してみてください。

顔の筋肉を鍛える

ほうれい線は、表情筋を鍛えることで改善すると言われています。

顔がたるむ原因の一つに、皮膚や皮下組織などを支える筋肉の衰えがあげられますが、表情筋を鍛えると皮膚などをしっかりと支えられるようになるのです。

また、表情筋が動かすことで血行やリンパの流れを改善して、皮膚がたるみにくくなります。

表情筋の体操のやり方

1.鏡を見ながら背筋を伸ばし、あごを引きます。
2.口角を引き上げ、自然な笑顔をつくってください。
3.そのままキープしましょう。

これだけでも、口元のたるみに効果が期待できるとされています。他にも、頬をすぼめたり膨らませたりして、ほうれい線の周りの筋肉を使うのも良い方法です。

毎日のお手入れを見直してみる

毎日のお手入れを見直すことで、肌が格段と改善することがあります。

肌のたるみは、ほうれい線を目立出せてしまうため、毎日のお手入れで肌にハリを与えるようにしてみてください。

肌のハリにおすすめの成分

ビタミンC誘導体
レチノール
コラーゲン
プラセンタエキス

上記で挙げた成分には、ターンオーバーの期間を整えてハリやツヤをアップさせる効果などがあります。毎日のお手入れに、肌のハリを出す成分が配合されたものを選んでみてください。

私が使用しているメディプラスゲルにも2種類のコラーゲン(ひとつは超微粒子のスーパーコラーゲン)が配合されていますよ。
【参考】メディプラスゲルのレビュー@乾燥肌で悩む40歳が実際に使ってみた感想

冷え性・むくみの改善

冷え性になると代謝や血流が悪くなり、肩や首だけでなく顔にもむくみがおこります。

代謝が悪くなるとコラーゲンやヒアルロン酸、エラスチンの体内生産量が減り、肌のターンオーバーが乱れます。

そうなると、シミやくすみだけでなく筋肉の力も弱くなり、ほうれい線を作る原因になるのです。体の外から温めるのももちろんですが、体内からあたためるようにしましょう。

「シャワーで済ませずお湯に浸かる」「薄着をしない」「冷たい飲み物、食べ物を控える」「適度な運動をする」などを心がけて、体を温める食事を摂るようにしてみてください。

まとめ

ほうれい線がくっきり目立つと見た目年齢もUPするため、できれば解消したいと誰もが思うことでしょう。もちろん私もその一人です。そたのめ、日頃から表情筋を鍛える運動を隙間時間に行なっています。

もちろん、短時間では急激な変化が現れるものではありませんが、毎日行うことで少しでも改善になればと考えています。さらに、表情筋の体操と合わせて、化粧品を見直してみると効果が期待できるはずです。

みなさんも「まだまだ若いから大丈夫」と思わずに、若いうちからほうれい線対策をしてみてくださいね。

記事が参考になりましたら、ぜひシェアをお願いします。