1. ホーム
  2. 乾燥肌
  3. 予防・改善方法
  4. ≫40-50代で起こる乾燥肌は更年期が原因かも!原因と対策

40-50代で起こる乾燥肌は更年期が原因かも!原因と対策

頭を抱える

20代の頃は若々しく潤いのある肌だったのが、30代から少しずつ肌に変化が現れ、40代以上になった今、乾燥がひどくて何をしても改善が見られないと思ったことはありませんか?

若いときと同じ肌状態ではないとは分かっていても、やはり少しでもハリや潤いのある肌でいたいと誰もが思うものです。肌の状態は日ごろのケアが左右するものですが、実はそれだけではありません。

40~50代で起こる乾燥肌は、もしかすると更年期が原因の可能性もあるのです。そこで今回は、更年期と乾燥肌の関係をご紹介します。

更年期と乾燥肌の原因

アゴに手を置く女性

更年期の症状で思いつくものと言えば、「火照り」「イライラ」「発汗」などのイメージがあるのではないでしょうか。症状がひどくなれば、更年期障害となり日常の生活にも支障をきたしてしまいます。

もちろん、年齢が上がるにつれて肌の状態も変化してくるため、更年期世代である40~50代から、乾燥肌に悩まされる人も少なくはありません。では、なぜ更年期になると肌が乾燥するのでしょうか。

更年期における様々な症状は、女性ホルモンのひとつ「エストロゲン」と密接な関係があり、30歳頃までは増え続けますが、40代半ばからは大幅に減少すると言われています。

女性ホルモンのバランスが崩れることで、肌質の変化や肌トラブルが増えてくるのです。また、更年期世代の肌は「ヒアルロン酸」や「皮脂」の分泌量が減少していくため、肌が乾燥しやすくなるのも特徴です。

ただし、40代で肌が乾燥しやすくなったからと言って、その全てが更年期とは言えません。更年期の症状であるホットフラッシュや精神的なイライラ、躁鬱などの症状が同時に見られる場合は、更年期による肌乾燥と考えてよいでしょう。

更年期の乾燥肌でお勧めの成分

プラセンタ

更年期の乾燥肌で悩んでいるという人は、若い頃から使っていた保湿用の化粧品では改善できないことも珍しくありません。そのため、日頃の肌ケアでも有効な成分のものを選んでみてください。

セラミド

肌の水分をしっかりと抱えているのが「セラミド」です。

「セラミド」は、年齢と共に減少してしまうため、外から補ってあげることで乾燥肌を緩和することができます。アンチエイジングに、セラミドが配合された化粧品を選んでみてください。

私自身もセラミド配合のメディプラスゲルというオールインワンゲルを愛用しています。
【参考】メディプラスゲル使用開始から4ヶ月が経過@肌はつるつるでカメラ写りが良くなった

コラーゲン

更年期の乾燥肌は弱くなっている肌のバリア機能をアップさせて、痒みや炎症を抑える働きのある成分が必要となります。肌の表面の下にある真皮は70パーセントがコラーゲン線維と呼ばれるたんぱく質の線維でできています。

コラーゲンが減少すると、肌も乾燥するため外からしっかりと補いましょう。特に30代後半から一気にコラーゲンが減少していくということをお忘れなく。

ヒアルロン酸

女性の肌のアンチエイジング、美肌と言ったスキンケアで活躍しているのがヒアルロン酸です。ヒアルロン酸は肌のハリと弾力、保湿をしてみずみずしい肌を作る役割があります。

細胞間にヒアルロン酸がたっぷりとある状態だと若々しい肌となりますが、残念ながら年齢と共に減少していくため、美容液や乳液で補うようにしてみてください。

プラセンタ

エイジングケアでおすすめなのが、「プラセンタ」です。哺乳類の胎盤から栄養素などの成分を抽出した胎盤エキスのことを「プラセンタ」と呼んでいます。自律神経、ホルモンバランスを調整する役割があり、美容にも効果が期待されているのです。

更年期の乾燥肌対策

ストレッチをする女性

更年期の乾燥肌は女性ホルモンが関係しているため、若い頃から乾燥肌に悩んでいる人とは対策が異なります。そこで、更年期にあった乾燥肌対策を心がけてみてください。

食事の改善

肌の外からのケアだけではなく、体の中からも改善してみてください。今までの食事を見直してみると、偏りや偏食、間食などが多くありませんか?

ホルモンバランスが崩れると、肌だけではなく身体のあちこちに不調が出始めます。ホルモンと自律神経を良くするために、「大豆イソフラボン」「ビタミンE」「亜鉛」「ビタミンC」「ビタミンB1、ビタミンB12」などを積極的に取るようにしてみましょう。

適度な運動

体を動かすことも大切です。あるデータによると、運動をしている人は運動をしていない人に比べて、更年期障害の影響が少ないとも言われています。

過度な運動は反対にストレスになるため、ウォーキングやストレッチなどの有酸素運動を取り入れてみてください。

質の良い睡眠

毎日しっかりと睡眠を取っていますか。ホルモンは寝ている間に分泌されるため、質の浅い睡眠や夜更かしは肌への影響が現れます。これは更年期に限らず、どの世代の女性にも言えることです。

決まった時間に布団に入り質の良い睡眠を取ることで、心身共に健康な状態でいることができるのです。

まとめ

更年期は「誰でも訪れるもの」「年だから仕方がない」とあきらめている人もいるかもしれません。しかし、全ての人が同じような症状というわけではなく、中にはほとんど症状が出ないままに更年期が終わってしまったという人もいます。

その人たちを見ていると、きっと規則正しい生活、適度な運動などをおこなっているはずです。すでに更年期を迎えているという人は、今から少しでも乾燥肌を防ぐためのアンチエイジングを始めてみてください。

また、「まだまだ先の話」と思っている人も、今からしっかりと身体と肌を作るように心がけてみてくださいね。

記事が参考になりましたら、ぜひシェアをお願いします。