1. ホーム
  2. 乾燥肌
  3. 予防・改善方法
  4. ≫秋は肌が乾燥しやすい季節@原因と対策方法を解説

秋は肌が乾燥しやすい季節@原因と対策方法を解説

紅葉

暑い夏が終わり、ようやく過ごしやすい季節になってきました。夏は紫外線やエアコンなど、肌を乾燥させる原因がたくさんあり、お手入れもしっかりとやっていたという人も多いのではないでしょうか?

それが少し涼しくなると、「もうそれほど紫外線も強くないか」「エアコンも使わなくなったし」とお手入れも少し手抜きになってしまうこともあるはずです。

しかし、乾燥肌の原因は夏や冬だけではありません。実は秋も肌が乾燥しやすい季節なのです。そこで今回は、秋の肌乾燥の原因と対処法をご紹介します。

なぜ秋になると肌が乾燥するのか

悩む女性

秋は気候も良くなるため、気分も肌の状態も良くなるように感じますが、実は乾燥しやすい季節でもあるのです。紫外線の強い夏と、乾燥が気になる冬は普段よりもしっかりとスキンケアをしますよね。

しかし、春と秋はそれほど紫外線も気にならない、エアコンも使わないため部屋の乾燥も気にならないため、スキンケアが疎かになる季節なのです。

夏の紫外線によるダメージ

夏に浴びた紫外線のダメージが、表面化することで肌トラブルを引き起こします。紫外線をたくさん浴びた肌は、バリア機能が低下して乾燥や肌荒れの原因になるのです。

夏に紫外線対策をしっかりしていても、紫外線の影響はゼロとは限りません。さらに、夏に紫外線対策や肌ケアが不足していたという人は、夏の終わりから秋にかけて肌が乾燥し、しわやたるみなどの老化現象にもつながります。

気温の低下

9月はまだ残暑が厳しく、夏と気温も変わりません。しかし、10月になると一気に気温が下がり、秋らしい気候になります。気温が下がると肌の代謝機能も低下し、空気も乾燥するため、肌の水分も奪われてしまいます。

この季節にきちんと肌ケアをしなければ、肌の水分量はどんどん少なくなり、冬にはもっと肌乾燥がひどくなるので注意が必要です。

秋の花粉の影響

秋の花

花粉と言えば春のイメージがありますが、実は秋もたくさんの花粉が飛んでいます。秋は「ブタクサ」「ヨモギ」「カナムグラ」の花粉が有名です。

通年のアレルギーがある、秋に鼻や目が痒い、くしゃみが良く出るという人は、秋の花粉症かもしれません。アレルギーで肌荒れしているときは、春の花粉症シーズンと同じような肌ケアが有効的です。

肌の状態をチェックしてみよう

ほほを指す外国人

まずは、今の自分の肌が乾燥しているのかどうかをチェックしてみてください。

美ルルスキンチェッカーのような肌チェッカーを使って知ることもできますが、家に肌チェッカーが無いというときは、以下の項目を確認してみましょう。

■秋肌の乾燥度チェック

  • 肌に白い粉がふく
  • ファンデーションを塗るときに、パフが引っかかる
  • ファンデーションがよれるなど、化粧ノリが悪い
  • 朝起きたときに、枕の跡が残っている
  • 鼻を触ったときにザラザラしている
  • 肌がつっぱる
  • ニキビや吹き出物が出やすくなった
  • 毛穴が目立つようになった
チェックしてみて、いくつか当てはまる人は秋の乾燥肌になっている可能性が高いはず。乾燥肌は早めに対策をしましょう。

秋の肌荒れは乾燥対策が大切

水面

では、秋の乾燥肌はどのように対策するのが良いのでしょうか。

セラミド配合の化粧水を使う

水分が少ない乾燥肌には、普段よりも保湿を意識して肌ケアをすることが大切です。中でも、角質層には水分をキープしてくれる物質『セラミド』を意識して肌ケアに含めてみてください。

『セラミド』は、角質層で水分を蓄えてくれる細胞間脂質の主成分です。この細胞間脂質に水分をキープすることで、肌のバリア機能も働きます。そのため、『セラミド』が配合された化粧品は、高い保湿が期待できるのです。
【参考】セラミド配合のオールインワン・メディプラスゲルのレビュー

対外だけからでなく、サプリなど内側から入れるのもおすすめです。また化粧水を使った後は、スキンケアクリームや美容液などで水分が蒸発しないようにフタをしてください。

洗顔料の見直し

夏と同じように、皮脂をしっかりと取る洗顔では肌が乾燥してしまいます。肌が乾燥する秋は、優しい洗顔料で顔を洗いましょう。

もちろん、クレンジングも同じ。しっかり汚れや皮脂が落ちるオイルタイプよりも、肌にやさしいクリームタイプのものもおすすめです。また、寒くなると熱いお湯で顔を洗うこともあるはずです。

洗顔するときのお湯温度も確認しましょう。熱いお湯は皮脂が洗い流されてしまいます。少しぬるめの38度くらいのお湯で洗顔してみてください。

外気や空気からの乾燥ダメージを避ける

秋の爽やかな風は、肌の水分を奪いやすく乾燥の原因に繋がります。

外出した時やスポーツの後など、汗をかいたらそのままにせずに、きちんと汗を取るようにしましょう。汗をそのままにしておくと、汗の蒸発と一緒に肌内部の水分も奪われてしまいます。

まとめ

夏から秋にかけて、気が付かないうちに乾燥肌になってしまっていることがあります。

秋の肌は、冬よりも気が付きにくいのも特徴です。今の季節にしっかりと保湿ケアをすることで、本格的な乾燥が始まる冬に備えることができるのです。

お肌の小さなサインを見逃さず、しっかりと保湿をしてください。本格的な冬も美肌でいるために、今から自分の肌の手入れをしておきましょうね。

記事が参考になりましたら、ぜひシェアをお願いします。