1. ホーム
  2. 乾燥肌
  3. 予防・改善方法
  4. ≫夏の唇の乾燥対策@くちびるが荒れる原因と対処法

夏の唇の乾燥対策@くちびるが荒れる原因と対処法

唇が気になる女性

夏になり、肌だけでなく唇も乾燥すると感じたことはありませんか?中には、冬でもないのに唇がガサガサで、リップクリームが手放せないという人もいることでしょう。

唇の乾燥は冬に起きやすい肌トラブルとして思われがちですが、実は夏でも起こるトラブルの一つなのです。唇は見た目年齢にも大きく影響するため、できれば潤いのある若々しい唇でいたいと誰もが思いますよね。

そもそも、なぜ冬でもないのに唇が乾燥するのでしょうか。そこで今回は、『夏の唇乾燥、唇が荒れる原因と対処法』をご紹介します。

なぜ夏に唇が乾燥するの?

青空と太陽

では、なぜ夏に唇が乾燥するのでしょうか?唇は皮脂腺がなく、乾燥しがちで荒れやすい部分です。

そのため水分が奪われやすく、空気が乾燥する冬はもちろんのこと、エアコンなどで部屋が乾燥しやすい夏も唇が乾燥します。

さらに唇は日焼けやシミになりやすく、皮膚の中では最も紫外線の影響を受ける部分といわれています。しかし、唇にはメラニン色素がほとんどないため、日焼けで唇が黒くなることはありません。

そのため、日焼けしても気が付きにくく、唇の紫外線対策も忘れがちになることが挙げられます。

唇が乾燥する原因

唇は、季節を問わずに乾燥する部分です。空気の乾燥や紫外線だけでなく、さまざまな原因がかんがえられます。

では、唇の乾燥する原因にはどんなものがあるのでしょうか。

口呼吸をしている

鼻が詰まっていると、どうしても口呼吸になってしまいますよね。

実は、この口呼吸が唇を乾燥させてしまうのです。呼吸をするときに空気が唇の上を通り、水分が蒸発して唇が乾燥してしまいます。

風邪をひいたときや、花粉症の時期、アレルギーがある方は特に注意が必要です。

加齢による水分の低下

年齢が上がると、肌の水分も蒸発しやすくなります。

もちろん肌だけでなく唇も同じです。年齢と共に唇がガサガサになってきたという人は、加齢によるものかもしれません。

リップや口紅が合っていない

リップや口紅が肌に合わないものを使っていると、唇は乾燥し荒れてしまいます。肌が弱い人であれば、合わない口紅を使うと痒みが伴ったり、唇がかぶれたりして気が付くこともあるかもしれません。

しかし、そこまで敏感肌ではないという場合、「少し唇が乾燥するな」と言う程度で見過ごされてしまうこともあるのです。唇が乾燥しているときは、今使っている口紅を変えてみるのも良いかもしれません。

汚れた付いた唇が原因

唇が汚れたままになっているのも荒れる原因です。また、唇に付いた汚れをティッシュペーパーでゴシゴシと擦るのもNG。

摩擦で唇の表面を傷つけてしまい、乾燥の原因になります。

さらに、乾燥した唇を舐めてしまうこともあるはず。実は舐めて唇にくっついた水分はすぐに乾き、蒸発するときに皮膚の潤いまで奪ってしまうため、乾燥しやすくなります。唇が乾燥するからと、舐めるのは逆効果と思っておいてください。

体調不良

唇は胃に続く消化器の入り口ともいえる場所で、内臓の不調が現れやすいところでもあります。食べ過ぎや胃の調子が悪いときに、唇がガサガサになったり、口臭が気になったりということがあるはずです。

また、風邪など体調が悪いときも唇が乾燥したりしますよね。この場合、まずは体調を整えることが一番です。

栄養不足

唇は皮膚が薄く、食指の影響も出やすい場所です。食生活が乱れ、たんぱく質やビタミンが不足しているとカサカサになります。

特に「βカロテン」「ビタミンB2」「ビタミンB6」不足は唇の粘膜に影響を及ぼすのです。唇が乾燥してきたときは、生活習慣もみなおしてみてください。

唇の乾燥を防ごう

BBクリーム

唇も肌と同じで、何もしなければ乾燥が進んでしまいます。そこで、唇の乾燥を防ぐために、日頃からケアをしてみてください。

ハチミツとワセリンで唇を保湿する方法

即効性が高いのが、唇パックです。準備するものは、「はちみつ」「ワセリン」「ラップ」。

低刺激の潤い唇パック方法

1.蒸しタオルか、お湯の蒸気を唇に数分間当てる
2.ハチミツとワセリンを同量ずつ混ぜて唇に塗る
3.食品ラップで唇を覆い、そのまま5~10分パックする
4.ラップをはずし、ティッシュや蒸しタオルで優しく拭き取る

最期に、唇をカバーするようにワセリンを塗ると保湿効果もさらにアップします。

また、パックは10分以上しないようにしてください。逆に刺激を与え過ぎてしまいます。

唇にも紫外線対策をする

肌と同じ唇も紫外線のダメージをうけるため、紫外線対策をしましょう。UVカット機能が入ったリップなどを使ってみてください。

下地にUVカット機能があるリップを塗ってから口紅を塗ることで、紫外線対策だけでなく、潤いも与えるため口紅のノリも良くなります。

ただし、リップに入っているUVカット機能は、普通の日焼け止めと比べると持続効果は低めです。こまめに塗り直すようにしてください。

まとめ

唇は、肌の中でも乾燥しやすい部分です。しかし私たちも日頃、顔の保湿ケアはおこなっても唇のケアは忘れがちになります。日頃から肌が乾燥するという人は、同じく唇も乾燥しているはずです。

しっかりと唇にも保湿ケアをしてみてください。保湿をおこなうことで、プルンとした唇になるはずです。

カサカサの唇から、プルプルの唇になるだけでも、見た目年齢はうんと若くなるので、ぜひ今回ご紹介した保湿方法を試してみてくださいね。
【関連】肌は年齢とともに乾燥する!老け年齢肌を改善する方法

記事が参考になりましたら、ぜひシェアをお願いします。