1. ホーム
  2. 乾燥肌
  3. 予防・改善方法
  4. ≫目の周りの乾燥肌を改善しよう@乾燥しやすい部位の対策方法

目の周りの乾燥肌を改善しよう@乾燥しやすい部位の対策方法

目の周りの乾燥

肌の乾燥が気になり、日頃からきちんと保湿をしている人も多いはずです。頬の部分や鼻回りなどはしっかりと保湿していても、忘れがちなのが目の周り。

目の周りが乾燥すると小じわが目立ち、実年齢よりもかなり上に見られてしまいます。目の周りの皮膚は顔の中でも特に薄く、乾燥しやすい部分なのです。そこで今回は、目の周りの乾燥の原因と保湿方法をご紹介いたします。

乾燥はもちろんのこと、最近目の周りの小じわが気になるという人も、ぜひ参考にしてみてください。

目の周りが乾燥する原因

目の周囲の乾燥

私たちの肌は、皮脂が水分を掴んで外側のダメージから守る働きをしますが、皮脂が少ない目の周りは水分が逃げやすく、乾燥しやすいと言われています。まずは、目の周りが乾燥する原因を見てみましょう。

濃いアイメイク

日頃、目元もきっちりメイクをしている人も多いのではないでしょうか。実は、濃いアイメイクをすることで瞼の毛穴が詰まってしまい、さまざまな肌トラブルを引き起こす原因にもなります。

これは毛穴が詰まることで、毛穴の中にある水分や油分のバランスが崩れ、肌の状態が不安定になるためです。乾燥はもちろんですが、濃いアイメイクは肌荒れやニキビ、くすみの原因にもなるので注意してください。

間違ったスキンケア

アイメイクをした日は、しっかりと目元の汚れが残らないようにクレンジングをするという人もいるはずです。しかし、強くこすってメイクを落とそうとするのはNG。

目の周りの皮膚は薄いため、摩擦で乾燥してしまいます。だからと言って、やさしく洗っただけでは取れないこともあります。アイメイクをした日は、アイメイク専用のクレンジングを使って落とすようにしてください。

手で瞼をこする

目の周りが乾燥すると、目が痒くなることがあります。ゴシゴシと手で瞼を擦ることで、肌に刺激を与えて乾燥や炎症をおこしてしまうこともあるのです。

アレルギーの人も注意してください。目が痒い、アレルギーがあるという人は、病院で診てもらうようにしましょう。

目の周りのお手入れ方法

コットンでメイクを落とす

目元はとても薄い皮膚なので、触れる際は「とにかくやさしく」を心がけてください。

アイメイクの落とし方

クレンジングや洗顔で、アイメイクをしっかり落とそうと力を入れてこすったり、洗浄力が強いクレンジングを使うのは目の周りには刺激が強すぎます。目の周りは、アイメイク専用のリムーバーなどを使うようにしましょう。

コットンにたっぷりのアイメイク専用リムーバーを含ませ、瞼の上に置きます。10秒くらいするとアイメイクが浮いてくるので、そっと撫でるように拭き取ってください。

一度でメイクが落ちないときは、新しいコットンを使って、同じ要領でもう一度拭き取ります。アイメイクがキレイに落ちたら、顔全体のクレンジングをおこなってください。

目の周りも保湿する

目の周りにも保湿をしましょう。ただし、目の中に入ってしまうこともあるため、刺激が強いものは控えてください。ワセリンや馬油など、油分が多く不純物の少ない保湿剤を使ってみるのも方法です。

ただし、ワセリンは日中塗ると日焼けしてしまうため、夜寝る前の保湿に使うことをおすすめします。また、アイメイク前にも目の周りを保湿してからメイクをしてみてください。

コラーゲンやヒアルロン酸、セラミドなどが入ったものを使うと、目元にハリが出てくるはずです。保湿をすることで肌の乾燥を防ぐことができます※。

※ 私が愛用中のオールインワンゲルのメディプラスゲルならコラーゲン、ヒアルロン酸、セラミドの全ての成分が入っているので乾燥肌対策にはおすすめです。
【参考】メディプラスゲルの口コミ@1年間リピート購入中の女性の感想

目の周りの乾燥対策

目の乾燥対策

目の周りの乾燥の大きな原因は、濃いアイメイクや、クレンジングや洗顔などによる摩擦です。

しかし、それだけが原因ではありません。日頃から目の周りが乾燥しないために対策を心がけてください。

部屋を乾燥させない

室内が乾燥すると、どうしても肌の水分も奪われてしまいます。冷房や暖房が利いている室内では、加湿をして乾燥しないようにしましょう。冷房の風が直接当たる場所に座らない、風の向きを変える、温度設定を少し高くするなどです。

また、目元スチーマーなどで重点的に目元を保湿してみるのも良い方法です。目元に潤いを与え、さらに疲れた目をほぐしてくれる効果があります。

規則正しい生活も大切

生活習慣が乱れると、肌トラブルも増えてきます。乾燥だけでなく、くすみ、しわ、たるみなど肌年齢が一気にUPするのです。そこで、日頃から規則正しい生活を心がけるようにしてください。

特に睡眠と食事、ストレスは肌の天敵です。ただし、睡眠はたくさん寝れば良いというわけではありません。質の良い睡眠をとることも重要です。

■質の良い睡眠をとるために大切なこと

  • 就寝前に軽い運動をする
  • 就寝時間・起床時間を決めておく
  • 脳が休める準備を整える
  • お酒やカフェインは控える
  • マットレスを高反発で寝がえりのしやすいものにする
なお、寝具については柔らかい低反発ものではなく、少し硬めの高反発タイプの方が睡眠中に寝がえりがしやすいので、深い眠りに付きやすいです。

また、高反発マットレスは高額が商品が多いですが、次のページで紹介されているモットンなら返金保証がついているので、気軽の試すことができます。
【参考】マットレスモットンの口コミ@腰痛に悩む主婦の感想

あと、寝る前はリラックスすることが大切なので就寝前は、スマホやテレビは見ないようにしましょう。

まとめ

目の周りの皮膚は薄く、乾燥しやすい部分です。しかし、女性は目元で印象がグンと変わるため、アイメイクをしっかりとするという人も多いのではないでしょうか。

アイメイクは汗や涙などでも落ちにくいものもあります。メイクを落とすときに、汚れが気になって力を入れて目元をこすってしまうこともあるかもしれません。

目元の汚れは、目元専用のリムーバーを使って優しく落としてください。さらに、メイクの前にも保湿を忘れないようにしてくださいね。

記事が参考になりましたら、ぜひシェアをお願いします。