1. ホーム
  2. 乾燥肌
  3. 予防・改善方法
  4. ≫乾燥にきびの原因と予防方法@乾燥肌でもニキビはできる!

乾燥にきびの原因と予防方法@乾燥肌でもニキビはできる!

女性のほほ

10代の頃にニキビに悩まされた経験がある、と言う人も多いのではないでしょうか。私も10代~20代前半までニキビに悩まされていましたが、20代後半の頃になると、ニキビではなく乾燥肌に悩むようになりました。

それからはニキビが出ることは少なくなったものの、疲れやストレスが溜まるとまた1つ、2つとニキビが出ることがあります。中には「乾燥肌の人はニキビにはならない」と思っている人もいるかもしれませんが、実は乾燥肌でもニキビになるのです。

そこで今回は、『乾燥ニキビ』の原因と予防方法をご紹介いたします。

乾燥ニキビの原因

毛穴の構造

ニキビと言えば、オイリー肌の人がなりやすいと思っている人も多いはずです。では、「普通のニキビ」と「乾燥ニキビ」は何が違うのでしょうか。

ニキビの原因は、毛穴に皮脂がたまり毛穴が詰まってしまうことで起こります。肌の乾燥を補おうと余分な皮脂が過剰に分泌される脂性肌は、毛穴がより詰りやすくニキビができやすくなるのです。

そして、乾燥ニキビも同じく毛穴が詰まることで起こります。乾燥肌は、肌の皮脂分泌が少なく、天然のバリアである皮脂膜がしっかりと作れません。

この皮脂膜の量が少ない状態の肌では、角質層の水分が大量に蒸発してしまい、水分の無くなった角質は古く硬くなり、毛穴も少しずつ細く弱くなっていきます。このように、細くなってしまった毛穴はほんの少しの皮脂でも詰まってしまい、ニキビができやすくなるのです。

さらに乾燥ニキビは、普通のニキビとは違って、乾燥しやすいUゾーンに出来やすいのも特徴と言えます。

乾燥ニキビを予防しよう

泡

乾燥肌なのにニキビができやすいと言いう人は、日頃から予防を心がけてみてください。

洗顔は泡で優しく

乾燥ニキビの原因も、普通のニキビと同じく皮脂の詰りが原因でおこります。そのため、ニキビができると皮脂をキレイにしようと、しっかりと洗顔をしようと思うのではないでしょうか。

しかし、それでは肌にダメージを与えてしまうためNG。乾燥ニキビを予防するためには、肌の潤いを守りながら余計な皮脂汚れを落とすことです。固形の石鹸など低刺激のものを選んで、キメが細かく泡立ててから、包み込むように洗顔してください。

正しいスキンケアをおこなう

毎日のスキンケア、正しくできていますか?ナチュラルメイクであっても、寝る前にはきちんとクレンジングで化粧を落とし、洗顔も必要です。さらに、乾燥肌でもニキビができると、べた付く乳液や美容液を使うことに躊躇する人もいるはず。

化粧水だけでは、すぐに肌の水分が蒸発してしまいます。きちんとスキンケアをおこなって、肌の乾燥を防ぐようにしましょう。化粧水はアミノ酸を中心とした化粧水が理想です。

生活習慣を見直してみる

肌の乾燥はスキンケアだけではありません。生活習慣にも大きく影響します。睡眠時間や食生活、ストレス、エアコンの使用などです。その中でも睡眠はとても大切。

ホルモンの分泌が滞ると、肌のターンオーバーが遅れてトラブルへと繋がります。毎日6時間以上の質の良い睡眠を取るようにしてください。
【参考】乾燥肌は生活習慣で改善できる?生活習慣を見直してみよう

乾燥ニキビになったら

ニキビに薬を塗る

普段から乾燥に気を付けていても、疲れや生活習慣が少し乱れると乾燥ニキビができてしまった…、ということも良くあります。

私も疲れが溜まると、顎や鼻の横に乾燥ニキビができてしまうのです。そこで、乾燥ニキビになったときの対処法をご紹介いたします。

刺激を与えない

ニキビができると、ニキビが気になるという人も多いのではないでしょうか。ついつい触りたくなりますよね。

しかし、潰してしまうと跡になってしったり、そこからバイキンが入ったりして悪化することもあります。できるだけ刺激を与えないようにしてください。

そのため、洗顔でゴシゴシと洗うのもNGです。乾燥ニキビは必要以上に皮脂膜を取らないように、低刺激の石鹸を泡立てて優しく洗うようにしましょう。

乾燥ニキビに合う化粧品を使う

乾燥ニキビ用に適した化粧品を使ってみるのも方法です。乾燥ニキビに有効な成分は「ビタミンC誘導体」「グリチルリチン酸」「オイル・アルコールフリー」です。

「ビタミンC誘導体」は、余分な皮脂を抑えニキビ予防に役立ちます。さらに、ニキビ跡にも効果が期待できます。「グリチルリチン酸」は炎症を抑える働きがあり、甘草から抽出された低刺激性の成分です。

「オイル・アルコールフリー」がおすすめなのは、オイルはアクネ菌の餌となりニキビの悪化につながります。アルコールはお肌の乾燥を早め、刺激も強いのでニキビには良くありません。

なお、それらを踏まえて私がおすすめな基礎化粧品がメディプラスゲルです。詳しいレビューは次の記事で紹介していますので、ご参照ください。
【参考】メディプラスゲルのレビュー@乾燥肌で悩む40歳が実際に使ってみた感想

繰り返すニキビは病院へ

乾燥ニキビを繰り返し、なかなか治らない、キレイに治したいというときは、皮膚科や美容クリニックで診てもらうようにしてください。

ニキビに合った薬をつかうことで早く治ります。また、適切なケア方法についてのアドバイスをもらったり、専用の化粧品なども取り扱っている病院もあるので、相談してみるのも良いかもしれません。

まとめ

乾燥ニキビは正しいスキンケアと保湿で、ある程度予防することができます。肌の潤いをキープしながら、余分な皮脂は落とすことが大切。もちろん、生活環境を整えることも重要です。

「乾燥肌だからニキビにならない」と思わずに、乾燥肌だからニキビにもなりやすいと思っておいてください。もちろん、繰り返し乾燥ニキビができるときは、一度病院を受診することをおすすめします。

記事が参考になりましたら、ぜひシェアをお願いします。