1. ホーム
  2. 乾燥肌
  3. 原因
  4. ≫お風呂は乾燥肌の原因?美肌を作る入浴方法を解説

お風呂は乾燥肌の原因?美肌を作る入浴方法を解説

お風呂に入る女性

1日の疲れを、ゆっくりとお風呂に入って取りたいと思う人も多いのではないでしょうか。特に暑い季節は汗もかくため、お風呂に入るとさっぱりとして気持ちが良いものです。

しかし、中にはお風呂に入るとさっぱりするけれども、全身痒くなる、あるいか肌がカサカサするという人もいるはず。実は、お風呂も間違った入り方をしてしまうと、肌が乾燥してしまうのです。

そこで今回は、お風呂で肌が乾燥しないための美肌を作る入浴方法をご紹介いたします。日頃、乾燥肌に悩んでいるという人は、ぜひ参考にしてみてください。

お風呂に入るとなぜ乾燥するのか

背中をかく女性

お風呂に入ると、なぜ肌が乾燥するのでしょうか。お風呂に入ると肌がふやけて、角質層からはセラミドなどの天然保湿因子(NMF)が流れ出ます。

角層の水分を守っている保湿成分であるNMFが少なくなることで、肌の乾燥が進んでしまうのです。さらにふやけた角質は、通常よりも柔らかくはがれやすい状態になっています。

タオルでゴシゴシと体を洗うことで、角質や天然保湿因子がどんどん洗い流されてしまい、乾燥がひどくなってしまうのです。

乾燥の原因になるダメ入浴方法

お風呂

普段、気が付かないうちに乾燥肌を招く入浴方法をしているかもしれません。そこで、間違った入浴方法をしていないか確認してみてください。

15分以上湯船に浸かる

しっかりと疲れを取りたい、女性なら汗をかいてダイエット効果を期待したいと、ついつい湯船に長時間使ってしまうという人もいるのではないでしょうか。

しかし、乾燥肌の人は要注意。長くお風呂に浸かると、肌の角層が大量の水分を吸収し、保湿成分である油分がなくなってしまいます。手がシワシワになるほどの長風呂は、控えるようにしてください。

熱いお湯に浸かる

「お風呂は熱目が好き」と言う人もいるはずです。特に寒い季節は、熱いお湯を入れたいと思いますよね。しかし、40度以上のお湯は肌の保湿成分である皮脂や角質層にあるセラミドが流出しやすくなるのです。

また乾燥がひどい場合、熱いお湯に浸かることで痒みが伴うこともあります。適正温度は38度。ヌルメのお湯に浸かるようにしましょう。

一番風呂に入る

誰でもキレイなお湯に浸かりたいと思うものです。そのため、一番風呂を好んで入る人も多いことでしょう。しかし、この一番風呂が乾燥肌を引き起こす原因になることをご存知ですか?

水道水には微妙ですが塩素が含まれています。乾燥肌は塩素が肌を刺激することで引き起こされます。しかし、2番風呂は先に入った人の肌から脂質やタンパク質が流れ出て、それが塩素と結びつくことで、肌への刺激が和らぐと言われています。

脱衣所が寒い

お風呂で身体が温まったのに、脱衣所に上がると急激に体が冷えたということありませんか。特に冬場は要注意。急激な温度変化で、肌が刺激を受けてしまいます。

そのため、寒冷蕁麻疹、温熱蕁麻疹など、温度差が引き金となり『ヒスタミン』が分泌され、かゆみが強くなることもあるのです。浴室と脱衣所の温度差がないようにしてみてください。

全身をゴシゴシと洗う

肌には皮脂膜があり、肌の水分を外に逃がさない蓋のような役割があります。しかし、全身をタオルでゴシゴシと洗うと、皮脂膜が剥がれて水分が逃げてしまいます。

なるべく肌には刺激を与えないようにしましょう。石鹸をしっかりと泡立てて、手の平で体を洗ってみるのも良い方法です。タオルを使う場合は、柔らかいものを使って優しく洗うようにしてください。

美肌になるお風呂の入り方

お風呂に入る女性

では、どのようにお風呂を入れば美肌になるのでしょうか。

お湯の塩素を減らす

塩素は肌への刺激になります。2番風呂にはいることで塩素の刺激を緩和することができますが、必ず2番目に入れるとは限りません。

そんなときは、お風呂にスプーン1杯のレモン果汁を入れましょう。柑橘系のミカンやグレープフルーツなどの皮でも効果が期待できます。

体はこすらずに洗う

体はゴシゴシと擦らずに優しく洗うようにしてください。乾燥がひどい場合は、石鹸を使わずにお湯で洗い流すだけでもかまいません。

シャワーは長時間使わない

シャワーの水にも微量ながらも塩素が含まれています。

湯船には柑橘系の皮を入れる、あるいは2番目以降にお風呂に入ることで塩素の刺激は緩和できますが、シャワーはそういうわけにはいきません。なるべく湯船のお湯を使うようにしましょう。

入浴前に緑茶を飲む

入浴前に緑茶を飲むことで、美肌効果がUPするとのことです。緑茶に含まれているカテキンが、お風呂に入ることで血中のカテキン濃度が7倍も濃くなったという研究結果もあるとか。美肌を目指しているという人は、入浴前に緑茶を試してみてください。

まとめ

日本人はキレイ好きな人も多く、お風呂でもしっかりと汚れを落とさないと気が済まないという人も少なくはありません。そのため、ついついゴシゴシと強く体を洗ってしまうという人もいるはずです。

しかし、お風呂も入り方を見直すことで乾燥を防ぐことができるのです。一度、自分の入浴方法を見直してみてください。もちろん入浴方法だけでなく、お風呂上りの保湿もお忘れなく。

私はお風呂上りにはメディプラスゲルというオールインワンゲルで保湿ケアをしています。保湿力が高いセラミドという成分が入っており、おすすめのオールインワンゲルです。
【参考】メディプラスゲルで肌の水分量が10%増えた!【3ヶ月経過】

記事が参考になりましたら、ぜひシェアをお願いします。