1. ホーム
  2. 乾燥肌
  3. 原因
  4. ≫紫外線は乾燥肌の原因に!紫外線対策の方法をわかりやすく解説

紫外線は乾燥肌の原因に!紫外線対策の方法をわかりやすく解説

日傘をさす女性

7月に入り、毎日暑い日が続きます。日差しが肌に刺さるように感じるという人も多いのではないでしょうか。

紫外線は、シミ、しわ、肌の老化、さらには乾燥肌の原因にもなるのです。紫外線が及ぼす肌への影響を考えて、日頃から紫外線対策をしっかりしている人も多いはず。しかしその紫外線対策、本当に正しいですか?今回は、乾燥肌の紫外線対策についてご紹介いたします。

紫外線が肌に及ぼす影響

紫外線

紫外線にはA波(UVA)と、B波(UVB)があります。屋外に長時間いることで、肌が赤くなる主な原因はB波です。紫外線B波(UVB)が肌に当たると、肌を守ろうとしてメラニン色素が産生されるため、シミの原因にもなります。

一方紫外線A波(UVA)は、紫外線B波(UVB)ほど肌に急激な変化は与えません。しかしA波は、B波よりも肌の深層部分まで侵入し、肌の弾力を作るもととなるコラーゲンを破壊してしまいます。そのため、肌はハリがなくなり、十分に水分を保つことができなくなってしまうのです。

また、A波は曇りの日やガラス越しでも通り抜けやすいため、日差しが出ていない日や室内であっても油断はできません。

日焼け止めに入っている成分が乾燥を引き起こす

日焼け止め

紫外線対策に、日焼け止めを使っている人も多いはずです。しかし、日焼け止めと言っても種類は1つではありません。

そのため、日焼け止めに入っている成分がより一層乾燥を進めてしまうこともあるのです。そこで、日頃使っている日焼け止めの成分を確認してみましょう。

紫外線吸収剤

日焼け止めには大きく分けて、2種類あることをご存知ですか?まず一つ目は、『紫外線吸収剤』です。皮膚の表面で紫外線を吸収し、化学的にエネルギーに変えて放出し、紫外線が肌の内部に侵入するのを防ぐ役割があります。

『紫外線吸収剤』のメリットは、紫外線を防ぐ力が強いということ。また、使い心地が良いのも特徴です。デメリットは、防御力が高い分、肌への負担が大きいことです。

紫外線散乱剤

『紫外線散乱剤』は、肌の表面で紫外線を跳ね返すことで、紫外線が肌に当たるのを防ぐことができます。

紫外線吸収剤の代表的な成分としては、「t-ブチルメトキシジベンゾイルメタン」「メトキシケイヒ酸エチルヘキシル」「オキシベンゾン-3」で、紫外線A波、紫外線B波の両方を防げるのも特徴です。

また、肌への負担が少ないこともメリットとして挙げられます。デメリットとしては、肌の乾燥を引き起こすといわれていることです。

日焼け止めを塗る前に保湿しよう

ボディケアをする女性

日焼け止めを使うことで肌が乾燥してしまうというときは、日焼け止めを使う前にしっかりと保湿をするようにしてください。保湿クリームを顔や首などに塗ってから、5分待ちます。

5分以上空けることで、保湿クリームなどが肌に馴染み、乾燥を防いでくれるのです。もちろん、私が使っている『メディプラスゲル』ようなオールインワンゲルタイプの保湿基礎化粧品もOKです。
【参考】メディプラスゲルのレビュー@1カ月間使ってみた口コミ

その後に日焼け止めクリームを塗ってみてください。

また、紫外線吸収剤不使用の『ノンケミカル』タイプの日焼け止めを選んでみるのも方法です。化学変化ではなく物理的に紫外線を防ぐので、肌への負担が少ないのが特徴と言えます。

『ノンケミカル』以外に、『ケミカルフリー』『吸収剤フリー』などの表示があるものも同じです。中には保湿機能もある『ノンケミカル』タイプの日焼け止めもあるので、自分に合うものを探してみてください。

ただし、肌への刺激が少ない『ノンケミカル』タイプは、汗や水で簡単に取れてしまうものも多くあるため、こまめに日焼け止めを塗り直す必要があります。

紫外線の対策方法

日焼け防止グッズ

紫外線対策といえば、やはり日焼け止めクリームを塗ることですが、汗などで落ちてしまうことも考えられます。せっかく塗った日焼け止めも、落ちてしまっては意味がありません。そこで、日焼け止め以外でもできる紫外線対策方法もおこなってみてください。

帽子や日傘を活用する

外出するときは、帽子や日傘を活用しましょう。できるだ、直射日光を浴びないようにします。ただし、UVカット機能がついた帽子や日傘も永久に効果があるわけではありません。

1年~2年程度で効果がなくなってしまうため、何年も同じものを使い続けている人は新しいものに買い替えを検討してみてください。また、UVカットスプレーなども販売されているので、今まで使っていた日傘などに使ってみるのも方法です。

肌の露出を少なくする

できるだけ紫外線が肌に当たらないように、肌の露出を少なくしてみてください。

外に出るときはUVカット機能が付いた長そでを羽織る、首もネックカバーやスカーフなどを使うなど…。日焼け止めと兼用することで、しっかりと紫外線対策が出来るはずです。

目も紫外線対策を

紫外線対策は肌だけではありません。実は、目からも紫外線を吸収してしまいます。目から刺激を受けると、シミや乾燥の原因になるのです。日焼け止めや日傘などでUVケアをしていても、目の対策をしていないことで肌へのダメージに繋がります。

そこで、目も紫外線対策をしてください。UVカット機能があるメガネやコンタクト、サングラスを付けるようにしましょう。

まとめ

紫外線はシミだけでなく、肌の乾燥も引き起こします。そのため、日頃からしっかりと紫外線対策をおこなう必要があります。

日焼け止めだけではどうしても肌が乾燥するとい人は、日焼け止めを塗る前にしっかりと保湿をするようにしてください。日焼け止めだけでなく、日傘やUVカットメガネなども兼用して、紫外線から肌を守るように心がけてくださいね。

記事が参考になりましたら、ぜひシェアをお願いします。