1. ホーム
  2. 老化肌
  3. 予防・改善方法
  4. ≫肌は年齢とともに乾燥する!老け年齢肌を改善する方法

肌は年齢とともに乾燥する!老け年齢肌を改善する方法

鼻を抑える女性

40歳を過ぎたことから、急激に肌の状態が悪くなったと感じることがありませんか?

20代のときには肌トラブルがあっても、しばらくするとまたハリのある肌に戻っていたのに、今ではシミ、しわが気になるという人も多いはずです。中でも、年齢を重ねるにつれて肌が乾燥するという人も少なくはありません。

今までそれほど気にならなかったのに、40歳を過ぎた頃から肌の乾燥が気になるという人は、もしかしたら肌の老化が原因かも。そこで今回は、年齢と共に肌がどのように変化するのか、さらに老け年齢肌の改善をご紹介します。

年齢が上がるにつれ、肌が乾燥する原因

肌の乾燥を測定

※ 上記の画像は次の記事で紹介した『美ルルスキンチェッカー(型式KRD1042)』です。
【参考】美ルルスキンチェッカーの口コミ・評価

年齢が上がるにつれて、肌のハリがなくなったと感じる人も多いはずです。実は年をとることで、女性ホルモンが少しずつ減少します。さらに更年期になると、女性ホルモンが急激に減少するのです。

中でも、エストロゲンの減少によって、ハリや弾力を支えている「コラーゲン」や「エラスチン」が減ってしまいます。さらに、肌の代謝も悪くなり、肌を守るバリア機能も低下してくるのです。

バリアが弱くなると、肌の水分は蒸発しやすく、さらに紫外線などからのダメージも受けやすくなります。

正しい保湿方法を学ぼう

ハンドクリーム

肌の老化は個人差があるものの、ケアをしなければ年齢以上の老化がおこってしまいます。肌年齢が上がると、見た目年齢もグンとUPしてしまうのです。

そこで、肌の老化を防ぐためには、「うるおいを与えて逃さないケア」がポイントとなります。

保湿成分を与える

肌の乾燥を防ぐために、しっかりと化粧水で水分を補おうとしていませんか?実は「化粧水=保湿ケア」という考えは正しくありません。水分がメインになっている化粧水は、時間とともに蒸発してしまいます。

正しい保湿ケアとは、肌内部の水分を抱えて離さない、保湿力のある成分を配合した美容液などを付けることです。「セラミド」や「ヒアルロン酸」などの保湿成分を配合した美容液やクリーム、オールインワンゲルなどを与えて、肌の保水力を高める必要があります。

私自身もセラミドとヒアルロン酸が配合されたオールインワンゲルの『メディプラスゲル』を肌の保湿力を高めるために愛用しています。
【参考】メディプラスゲルのレビュー@乾燥肌で悩む40歳が実際に使ってみた感想

化粧水スプレーは乾燥を招く

デスクワークや家事などで、日中エアコンの効いた部屋にいると、どうしても肌が乾燥しがちです。

その際、よくスプレータイプの化粧水を顔にシュッと吹きかけている人がいますが、化粧水が乾く時に肌の水分まで一緒に蒸発して奪われてしまうため、よけいに乾燥を招いてしまいます。

潤いを補う正しい保湿の方法は、保湿成分が配合された美容液を手の平にとって広げ、乾燥した部分に軽く抑えるように付けてください。このとき擦らないように注意しましょう。擦らなければ、メイクもくずれることはありません。

年齢にあった化粧品を選ぶ

年齢にあった化粧品を選ぶことも大切です。20代の肌に必要な栄養と、40代の肌に必要な栄養は違います。もちろん、肌のトラブルの内容も変わってくるので、若いときから使い続けてきた化粧品が今の年齢肌に合った化粧品とは限りません。

以前と比べて肌が老化したなと感じたら、今の年齢肌に化粧品が合っていないのかも。どれを選べば良いか迷うという人は、店員さんに相談してみるとアドバイスをもらうことができるので、聞いてみてくださいね。

体内からも保湿をする

外側からの保湿も大切ですが、体の内側からも保湿をしてみてください。肌の乾燥が気になる時に、積極的に補いたい栄養素はビタミン類です。

その中でも、ビタミンAはターンオーバーを調整し、本来のみずみずしいハリのある状態で肌が生まれ変わるのをサポートしてくれます。

また、血行を促す働きのある鉄分を取るのも効果的です。もちろん、食事だけでなく、睡眠や適度な運動をすることも大切です。不規則な生活や食生活の乱れから肌の老化を招くため、生活習慣を見直すことも重要となります。

エイジングケアは早めにおこなおう

目元のケア

エイジングケアは、肌が衰えてきてからおこなうと思っている人も多いのではないではないでしょうか。

実は、エイジングケアは早めにおこなうことに越したことはありません。とは言え、中にはいつから始めればよいか分からないという人もいるはずです。まずは、エイジングサイン(肌老化の兆候)を確認してみてください。

■エイジングサイン

  • 毛穴が縦長になってきた
  • 目元、口元の小じわが目立つ
  • 頬のたるみが気になる
  • 肌がカサついて化粧のりが悪い
  • シミが増えてきた
  • 肌がくすみがち
  • ほうれい線ができてきた
すでに何個か当てはまるという人は、今からすぐにエイジングケアを始めてください。「私はまだまだ大丈夫」と思っていても、紫外線や生活環境などで、あっという間に肌の老化が進むことも珍しくはありません。

特に早くから化粧を始めた人、若い頃にたくさんの紫外線を浴びてきた人は、なるべく早くエイジングケアを始めましょう。

まとめ

以前と比べると、肌にハリがなくなった、乾燥がきになる、ほうれい線やくすみが目立つという症状が出ていませんか?もしかすると、自分が思っている以上に肌年齢がUPしている可能性があるのです。

肌年齢が上がると、見た目年齢もぐっと上がってしまいます。まずはしっかりと保湿をして、肌の乾燥を予防してみてください。正しい保湿方法を実践することで、きっと今よりも肌年齢も若返るはずです。

記事が参考になりましたら、ぜひシェアをお願いします。